平成25年 鹿島神宮祭頭祭

平成25年3月9日

当番字:鹿嶋市大字荒井郷
明治以来8回目、21年ぶりの奉納。

「春を告げる祭り」として全国に知られ,一年の五穀豊穣を神宮の神様に祈願する祭り。

当番地区は1年をかけて準備に当たるが歴史と伝統のある祭りゆえ処理する行事は数多い。

地区民総出で一丸となり、幼児から大人まで一緒に老いも若きも参加することの意義は大きい。

住民同士の縦の、そして横のつながりは失いかけた現代社会の「地域の絆」の復活にも寄与することにもなる。