鹿島神宮古武道奉納演武
鹿島新当流
「兵法は東国から」といわれるように鹿島
の地は日本の武道の発祥地として
古い歴史と道統を有している。

剣聖 塚原ト伝は修業中鹿島神宮に
一千日の参籠祈願をし、「心新たに事に
当たれ」との神示を授かり,それまでの
「鹿島の太刀」の極意を悟り流派名を
「鹿島新当流」と改めた。

鹿島新当流」の特徴
身は深く與え,太刀浅くして心はいつも
懸かりにて在り・・・と伝えられてきた。
甲冑(かっちゅう)の弱点とされる喉、小手
などを突き切ることにより相手を制する。

(参考:当日のパンフレットより)